スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

outputs inputs

 2009-03-16
outputs inputs
出力 入力

説明
エンティティのプロパティにある二つのタブ outputs inputs
これはエンティティがエンティティに命令を出す為に設定する。

実行
例に・・・
プレイヤーが、特定された座標を歩くと、func_breakableでできた窓ガラスが割れる演出の作り方を説明しよう。。
用意するもの
func_breakable
trigger_multiple

詳細
まず窓ガラスほどのサイズでブラシを作成しテクスチャを張り、func_breakableにする。

2009y03m16d_002934375.jpg

func_breakableブラシを選択し、プロパティを開いたらこのようなウィンドウが現れるだろう。
左の選択肢のnameをクリックして画像のようにwindowと入力する。

次に画像のようにtriggerテクスチャで、 プレイヤーが触れたらトリガーするために 適当なサイズのブラシを作り、
trigger_multipleにする。

*trigger_multipleは何度でも。
 trigger_oneは一度のみ。

Toolstrigger.gif

(triggerテクスチャ)テクスチャ覧のfilterでtoolsと入力すると現れる。

2009y03m16d_003315000.jpg

作ったtrigger_multipleのプロパティを開き、Outputsタブを開く。

2009y03m16d_003411484.jpg

以下を入力する。

My outputsn named = On Trigger
Targets entities named = window
Via this in put = Break

もし、トリガーを受けてから発動するまでを数秒後に設定したいのなら、
after a deley in second of = 3
などと入力する。
スポンサーサイト
カテゴリ :Source SDK トラックバック(0) コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL:
http://dotdandayo.blog34.fc2.com/tb.php/68-65184bb3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。